佐助稲荷神社は鎌倉でも有数のパワースポット

鎌倉にある人気のパワースポットといえば佐助稲荷神社だと思います。源頼朝が 夢に出てきた「隠れ里のいなり」と言う翁が平家を倒すことを勧めたそうです

そして平家を倒すことに成功した源氏が天下を取る礎を築いたということです。そして鎌倉に幕府を開いた源頼朝が、鎌倉の隠れ里であるこの場所に佐助稲荷神社を建てたと伝承されています

ちなみに源頼朝が子供の頃 「すけどの(佐殿)」と 呼ばれていて、その頼朝を「助けた」ので、佐助稲荷という名前が付けられたとも言われたりしています

出世や開運、恋愛のパワースポット

佐助稲荷神社は源頼朝が平家を討伐した後に建立されたとされる神社になります。ですからやはりご利益的には出世運であったり、仕事運や開運のパワースポットとして信じられているのだと思います。

そしてこの佐助稲荷神社には、十一面観音菩薩像様が祀られています。この十一面観音菩薩様は、なかなか良いご縁に恵まれずに指定したと言われている、赤松幸運という尼さんが、この世界の男女の出会い(良縁)を願って掘られた像と言われており「縁結び観音」などとも呼ばれているそうです。

そして佐助稲荷神社には「霊狐泉」と言う御神水が湧いており、こちらも是非チェックしておいてほしいパワースポットだと思います

鳥居や狐様がたくさん

佐助稲荷神社は、神社の近くになってくるとたくさんの鳥居が目に入ってくると思います。幾重にも重ねられた鳥居がとても幻想的で、パワーがみなぎっている雰囲気をとても醸し出してくれます。京都の伏見神社まで鳥の数は多くはないですけれども、別な意味での神聖な感じを鳥居をくぐり抜けていると感じてきます

そして鳥居を抜けて佐助稲荷神社の本殿などが見えてきますけれども、中に到着するととてもたくさんの奉納されたお狐様を見ることができます。

神社内には古くからあるお稲荷様があり、そこにもたくさんのお狐様が奉納されています。とても神秘的でパワーを感じられる雰囲気を持っている場所だと思います

お守りや御朱印も

こちらの佐助稲荷にも仕事運や出世運をご利益としていただけるお守りであったり、神社内に奉納されている陶器でできているお狐様なども購入することができます

ですのでお守りでなく、実際に自分でお狐様を購入して神社内に奉納してくるのも良いと思いますね

そしてもちろん御朱印などもありますから、御朱印帳などを持っている人は持参するのも良いと思います

佐助稲荷神社へのアクセスは?

鎌倉にある佐助稲荷神社は、 JR の鎌倉駅を利用することになると思います。鎌倉駅は JR 横須賀線か江ノ島電鉄(江ノ電)を利用してアクセスするのが一般的だと思います。

自動車などを利用するのであれば、横浜横須賀道路の朝比奈インターチェンジで降りて、朝比奈峠を超えて鎌倉に出ると良いと思います

おそらくは徒歩で佐助稲荷神社へ向かうことになると思いますけれども、鎌倉駅西口を出て徒歩で約30分程度だと思います。場所的には鎌倉のパワースポットとしても有名な「銭洗弁天」の近くになりますので、是非佐助稲荷神社だけでなく、銭洗弁財天の方にも足を運んでいただければと思います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA