2020年大晦日は終夜運転中止のため、初詣も混雑軽減

毎年大晦日から元旦にかけて、初詣に足を運んでいる人も多いと思います。私も数年に一度は大晦日の夜から元旦にかけて初詣などに出かけることもありました

そこで交通手段として大事になってくるのが、大晦日から元旦にかけて運行される電車の終夜運転ではないでしょうか

例えば私は神奈川県に住んでいるので、鎌倉の鶴岡八幡宮などによく足を運びますけれども、大晦日に車で鎌倉に乗り入れることは出来ませんので、結果的に電車を利用して鎌倉に向かうことになります

しかし今年の大晦日から元旦にかけては、 例年の鉄道の終夜運転は軒並み中止になるということになっていています

江ノ電を始め、 JR私鉄各社が終夜運転を取りやめを決定

大晦日から元旦にかけて、鎌倉に向かうのであれば、私は藤沢駅から江ノ電を利用して鎌倉に足を運んでいました

しかし今年は、「江ノ電も大晦日の終夜運転を中止」 を決定しているため、鶴岡八幡宮などは混雑具合もかなり緩和されるのではないかと思います

そして JR や私鉄各社は、12月31日の終夜運転を軒並み取りやめにしています

・ 大晦日の終夜運転取りやめ

jr東日本、東京メトロ、東京都交通局、京王電鉄、京浜急行、京成電鉄、東武鉄道、西武鉄道、東急電鉄、小田急、江ノ電etc

ほぼ首都圏では全ての路線が終夜運転を取り止めるので,今年の大晦日から元旦にかけての初詣も。例年に比べればかなり 違った雰囲気の神社仏閣になるかもしれません

そして、神社自体も大晦日から元旦にかけての参拝は禁止するようなところもあるようなので、大晦日から元旦にかけての初詣というのも今年はできないということもあると思います

幸先詣に出かけよう

年の初めに行くのが初詣。それが今までは当たり前でした。ただ2020年は新型コロナウイルスの影響で通常でない1年だったということです

そして残念ながら2020年に新型コロナウイルスが終息することはありませんでした。

ですから今年の新型コロナウイルスを踏まえた生活様式が来年も続いているということになります。

そこで今推奨されているのが「幸先詣」 と言う新たな参拝方法

通常の年であれば、新年に初詣などに出かけて、その年のお願い事であったり、無事に過ごせるようになどと祈願すると思います

ですが今年は初詣でなく「幸先詣(さいさきもうで」をして、良い年を迎えましょうと言う新たな試みもあるようです

なので新年の初詣にでなく、今年中にしっかりと感染対策を行って寺社仏閣に「幸先詣」を行なって、2021年の新年を迎えるのも良いと思います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA